1日バスツアーのガイドやります!~からむしは雪国のこころ~

観光ガイドも務めております若女将のともちゃんです。

来月7月の第一と第二月曜日に越後湯沢発~からむしに出会う旅のツアーガイドを致します!

7月3日(月)と7月10日(月)
越後湯沢発10:00~戻りは16:30を予定しております。

日帰りツアーこころ号のガイドになって早7年。あっという間ですね。
今年は私が企画したツアー運行します。

その名も『若女将と行く!雪国のこころ・からむしと出逢う旅!』

十日町で染物体験(天然の染料―玉ねぎの皮を使用)をしてへぎそばを食べて、
塩沢で織物の歴史をお勉強して、ご希望の方は織物体験もできる1日コースです。

からむしって虫じゃないですよ。麻の一種です。
絹織物よりも歴史が長く、ここ越後では1200年の歴史があります。
からむしで織られた上質の布、越後上布はユネスコの無形文化財にも指定されております。

こちらがからむしの葉っぱ。
昔からここ越後には自生していたそうです。
それを人の手を入れて、2メートルくらいに育てます。
その茎の部分をそいで繊維を出します。

こちらの写真は5月後半のからむし畑の写真です。
まだ芽が出てきたばかり、これからどんどんと育っていきます。
ツアーでお邪魔するころには背の高さにくらいになってるかな?

お昼は、十日町のそば街道にある由屋さんでへぎそばです。
「秘密のケンミンショー」でも紹介されたことのあるお蕎麦屋さんです。

新潟県中魚沼(十日町)の人たちは蕎麦をあさつきをむきながら待ってるらしい~byケンミンショー

蕎麦にはわさびではなくからしを入れて食べるらしい~byケンミンショー

由屋さん!!
平日でもお昼12時には混雑する人気店です。

コースの紹介にはありませんが、土市駅の目の前に大地の芸術祭、作品があるのでこちらにもちょっと
よりたいと思います。
(染物体験する場所にすぐそばにあります)

土市の駅、三角屋根のかわいい駅舎です。
無人駅です。

昼食後は、中魚沼から南魚沼へ移動。塩沢へ。
こちらでは、塩沢つむぎ記念館にてからむしの歴史そして、江戸時代に入ってから始まった絹織物の歴史を
お勉強し、鈴木牧之記念館へ。
最後に昔ながらの町並みを再現した牧之通りを散策して越後湯沢へ戻ります。
たっぷり1日のコースです。
是非越後の歴史に興味ある方、織物に興味のある方、魚沼が好きな方、うまい蕎麦が食べたい方、
ご参加下さい。
1日ご一緒させて頂きます。

タイトルにもある『雪国のこころ・からむしに出会う旅』は、
天地人の作者:火坂雅志さんの・からむしは雪国のこころ・からとらせて頂きました。
小説天地人の中にもからむし(青苧:あおそ)が出てきます。
直江兼続、上杉謙信公の時代から越後のこころとして栄えた産業です。

四季島が越後湯沢を通過!!!

本日お昼過ぎにあの!あの!四季島が越後湯沢駅を通過して行きました。

四季島はご存じでしょうか?
その名も『TRAIN SUITE 四季島』
JR東日本さんが今春に運行を開始した、スーパー高級ですごい電車です。
どの言葉で表せばいいのかわかりません。
上野発上野着で遠くは北海道まで行きます。
その電車が越後湯沢駅に数分停車して、通過するということで女将さんたちがお出迎えお見送りに
行って来ました。

電車の外観、内装すべてカッコイイですよね。
女将さんがお出掛けして、カメラに撮ってきてもらいました。

一度乗ってみたいですね。
でも予約とれない。倍率76倍だそうです。。。
1泊2日のプランでも、一番安くて48万円。。。。
お値段もデラックスです。
是非乗った方お話をお聞かせ下さい!!

小島屋さんのうな重&とり重

越後湯沢はうなぎといえば、私が最初に思いついたのは『小島屋』さん。

先日ききれれチャン(中国からのインターンシップで来日の大学生)が
まだ日本でうなぎを食べていないと聞いて、早速小島屋さんへ行って来ました。

うな重もいいのですが、個人的にはとり重が好きです。
お値段的にもかなりリーズナブルに生きております。

二人にもとても好評でした。

うな重にはきも吸いがついており、とり重にはお味噌汁がついております。

花月からは徒歩5~10分ほどです。
夜かなり遅くまでやってるので、2次会や3次会で地元の人たちも多いですよ。
うなぎの骨のからあげ、厚焼き玉子、沢蟹・川エビのからあげ、蛙のからあげなど昔から
変わらないメニューはザ湯沢の居酒屋です。

『厳選会席料理』初夏の献立。

一のごっつお(先付)
 夏野菜の網焼き

二のごっつお(吸物)
 帆立新丈と順才

三のごっつお(造里)
 海の幸盛り合せ

四のごっつお(焼物)
 丸茄子の田楽

五のごっつお(肉料理)
 冷しゃぶ 夏野菜添え

六のごっつお(油物)
 トマトの揚げ出し

七のごっつお(蒸物)
 鱸のおくら蒸し 梅肉餡

八のごっつお(食事)
 魚沼産コシヒカリ 長藻汁 魚沼のおかず

九のごっつお(デザート)
 白桃ムース 雪下人参ジュレ

※ご宿泊の時期により、献立内容は変更となります。

車イスで湯沢高原へお出掛け~平均年齢90歳のおばあちゃん

初夏が始まり、梅雨が本格的に始まるまでは過ごしやすい日々が続きます。

そこで、おばあちゃんたちを湯沢高原へ連れて行きました。
91歳と89歳の二人の移動はほぼ車イスです。
車イスでも安心してお出掛け頂ける場所です。
降りたところで記念撮影。景色もちゃんとご覧頂けます。

ロープウエィまでは花月から車イスを押しながら行きました。
通常は徒歩5分、車イスを押しながらまわりを眺めて約10分ほどです。
入口まで行くと車イスでそのまま入ってエレベーターがあるので安心です。

ロープウエィの中での風景です。
車イスでも目線がちゃんと窓に届くので乗ってる時間も楽しめます。
今日は平日でとーーーてもすいていたので貸切状態です。

おばあちゃんたちも真剣に外を眺めてます。

山頂ステーションの近くは、平らなところが多いので車いすでもOK。
でも山の上は勾配が激しく、ここから他の場所への移動は車イスでは難しいです。
急な坂道は危険なので山頂ステーション周辺のみにしましょう。
カフェもあるので、そとのお席でお茶するのもいいかもしれません。

帰りは温泉通りにある足湯でのんびりとしてから花月へ帰って来ました。
車イスでも楽しく遊べますよ。
そして、障害者手帳を持っている方はロープウエィへご提示下さい。
本人と付添いの方1名様―通常の半額でご乗車頂けます。
通常¥1800が、¥900となります。
お持ちでない方は、花月のフロントで前売り券で¥1400で販売しております。
お出掛けの前にお声を掛けて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
    follow us in feedly
1 2 3 4 5 6 39
ページトップ
松泉閣花月

湯沢温泉 松泉閣 花月
〒949-6101 新潟県南魚沼郡湯沢町大字湯沢318-5
TEL.025-784-2540
FAX.025-784-4112

  • 雪国観光圏